2010年1月25日月曜日

しんらんへ

五木さんの親鸞を読みました。
最近は殆ど小説を読まなかったんですが、久しぶりに。
まぁライフワークですし。

仕事帰りの電車内位しか読む時間もなかったのに、
あっという間に読み終えてしまい、
乾いた体にポカ○スエット(?)の様にすっと入って来る秀作。

物心付いてから愚禿親鸞へとなるまでの物語。
つぶての如きモノたちとの友情。
己の影の様な存在の黒面法師との戦い。
恵信への愛。法然・念仏への帰依。
そんな経験をしながら、全ての憎しみ、怒り、悩み、苦しみを一手に背負い込み、それでも救われたい男の話。

読みながら人目を憚らずに思わず涙ぐむ事もしばしばありますた。
こんな時代だからこそやっぱ親鸞でせう。

一度読んでみてわ?