2008年8月19日火曜日

障害者スポーツ

先週末の事。
今度SLUで講演して頂く、平野さんという方と打ち合わせをしました。

平野さんは電動車椅子サッカーの選手&監督、そしてアテネパラリンピックや
昨年の電動車椅子サッカーW杯などの取材もこなすスポーツジャーナリストの方です。

平野さんは凄くエネルギーのある人で、2時間強の打合せがあっという間に終わりました。
今回のメイントピックは"スポーツ"。
障害者スポーツはスポーツなのか福祉なのか・・・

何で分ける必要があるのか?
一緒にいたShotaro君と打ち合わせ前に話していた時から、僕には良く分かりませんでした。
スポーツと福祉、それはどのスポーツに関しても両側面があり、
いちいち分ける意味が分からなかったのです。

ただ、彼らの話を聞いていて納得。
障害者スポーツはもとより、日本はまだスポーツという文化が成熟していないとの事。
それと同時に、まずはスポーツとして一層認知される必要がある事。
例えばテレビで放映される場合にはスポーツ番組ではなく、
NHK教育など福祉としてしか取り上げられない。
スポーツとしてサポートをし、される土壌を作っていきたい。
等々、スポーツに疎い僕には新鮮でした。
兄さんなんか聞いていたら、もっと面白いんだろうな〜。

まだまだ勉強不足な事が良く分かりました。

さぁ、これからどうしよう?

取りあえず僕とShotaroとの共同イベントは
8月の29日 21時〜 
第一回目が始まります。
詳細はまた今度

0 件のコメント: