2008年2月10日日曜日

Virtual World of the Year 2007


ひょんな事から「Virtual World of the Year 2007」ってえのに行って来ました。
これがなかなか。
セカンドタイムズ主催のイベントの様で、
昨年にセカンドライフを始めとするメタバースを騒がせた個人、団体、企業を表彰するもので、
記念すべき第一回に行って来ました。
場所は青山の"SPIRAL"!
ここの一階にかなりヤバいCD屋がある事も作用して、勿論仕事はサボりました・・・

イベントは三部形式。
一部が開会&基調講演。
二部が今年活躍しそうなメタバースのプレゼン。
三部が表彰式。
と15時から三時間以上、その後の懇親会を含めたら5〜6時間のイベント。
流石に疲れたな〜。

一部はホットリンクの内山さんとBarTubeの神田さんがしゃべっておりました。
内山さんの話が面白く、仮想世界に入る事により、
身体的、物理的制約から抜け出た脳は新しい進化を遂げる。
そして、原子、分子・・・と連綿と続いて来た結合は新しい局面に到達するだろう、
との事を"reloaded"から"revolution"とマトリックスを交えて熱く語っていらっしゃいました。
懇親会でも話をさせて頂いたんですが、気さくに話を聞いてくれて、本当に素敵な人でした!

二部では個性的な6社がプレゼン。
その中では"Splume"が興味深かった。
ブラウザのプラグインだけで操作可能なメタバースで、自社サーバで運用が可能との事。
専用のブラウザもあり、かなり面白そうでした。
残念ながらIEにしか対応していないので、マック&Unixユーザの僕は職場でしか使えません・・・
今後対応してくとの事ですが。

三部では2007年のメタバース内での動きが良く分かりました。
本当にたくさんの魅力的な団体が多数参入していて、2007年にやっと開花したメタバースが、
これからどんな進化をして行くのが楽しみでした。
その中でも見事、企画部門大賞を取った”平成19年新潟中越沖震災募金活動”。
先日デジハリに伺った時にお会いしたNさんが代表で受賞されていました。
懇親会で初めてちゃんとお話をする事が出来、精力的なご活躍に本当に感動してしまいました。

懇親会では本当にたくさんの方とお話をする機会があり、色々な熱いお話を聞く事が出来ました。
まだまだ新しい世界なので、皆さんとても精力的であっと言う間に時間が過ぎてしまったのが残念。

その後、後輩君にBarTubeに連れて行ってもらい、村田さんと飲んだくれておりました。

こういった刺激的な世界が始まりつつある事を体験出来、我々SLUもこれから楽しみになって来ました。
誰もがフラットな関係で学び合えるコミュニティを作る為に、僕らは一体どうすれば良いのか?
無限の可能性があるという事は、結果も予測しづらいと言う事で・・・

ただ、懇親会やBarTubeでたくさんの方とお話を出来た感想としては、
やはり、メタバースだけで終わっては何の意味もない。
如何に仮想と現実世界をつなげ、社会にコミットしていくか、ここにこそ意味があるのではないかな〜。
実際、デジハリの皆さんを始め、様々な方面から仮想、現実、双方で助けて頂いていますしね!

そんな当たり前の事を再確認出来た良い夜でした。
やっぱ酒は自分で飲まないと酔わねいや〜

0 件のコメント: